偽物っぽいあらすじ
実際のプレイを元に書いているだけですが騙せたら勝ちだと思っている
キャラメイク クラス表 ヒロインセレクト シナリオ バグレポ
1、アイテムを求める兄
納税できない。というかどう考えても無理だろう。
そんな感じで一揆を起こした主人公たちだったがそれは領主ギザロフの策略だった!
村人と傭兵を犠牲にして逃げる中、主人公は弟にこういった。
「ちょっと炎のオーブ拾ってくるから囮になってくれないか」
「死んだらどうするんですか」

勝利条件:隠しアイテムをすべて拾って逃走

「ああ、村の(教会の中の女性の)みんなは無事だろうか」
「とりあえず後で復讐に行こう!」
「ゲームオーバーになりますよ、兄上」
2、救出、マクレーン
専用グラのないブラーとか言うのに追い詰められた兄弟。
しかしそこに颯爽とある男が現れた。
三すくみを伝授し、セオリーを忘れるなよと頼れる兄貴をアピールする彼。
だが、部下の槍兵で華麗に騎兵を倒すかと思った彼は、自身も特攻して即返り討ちにあうのだった…
「兄上…また死にましたよ、あの男」
「バカレェェェェェーーーーーーーン!!!」

勝利条件:戦闘終了までマクレーンを生存させる

「いいよな、妹って」
「ああ、妹だからな」
「変な友情を育まないでください」
3、新たなる仲間
さらわれたレイチェルを助けるべく進軍する三人。ところでそろそろ資金が危うくなってきた。
そんな時、うっかりカコンシスの姫様殺人未遂を目撃してしまう。
姉姫に惚れる弟、妹姫にタゲられる兄、特に何もないマクレーン。
シスコンどもに変化が訪れる時がついにきたのかもしれない(マクレーン以外)

勝利条件:姫達とのフラグをたてる事

「以前は兄が居たので、わたくしも妹だと言う事でよろしいでしょうか?」
「大丈夫です、問題ありません!」
「妹かあ、私もほしかったなぁ…」
「あきらめるのはまだ早いぜ。例えば、大将と結婚すれば義妹ができるぞ」
「あなたは何を吹き込んでいるんですか!?」
4、シスコンの絆
勢力を増やしギザロフを追うシスコン同盟。そろそろ傭兵を雇う金も危うくなってきた。
そこでたまたま怪しげな家を発見し、ここにレイチェルが居る事が発覚する。
レイチェルをつれて逃げようとする女魔術師をしばき倒す戦いが今、始まる。

勝利条件:資金の確保とレイチェルの救出

「って何ですか、資金の確保って!?」
「ここ、ギザロフの家なら金目のもの全部強奪していいんじゃないかな…」
「…アライメントがあがっていますよ、兄上」
「マァリィィィィィィィィィーーーー!」
「ああもう! うるさいですよ、マクレーン!」
5、モルデナ虐殺大作戦
恩返しの連鎖の結果カコンシスに身を寄せる事になった兄弟たちとマクレーン。
ヒモ生活タダ飯食らいになるのもアレなので、提督のお手伝いをする事になる。
提督に指示されたのは敵司令部の壊滅。結構面倒な作業であった。
「ねぇ、何ですぐに攻撃しないの?」
「確実に全員を皆殺しにするためのタイミングを待っているからさ!」
「兄上っ!?」
「すごーい、さすがお兄ちゃんだね☆」
「姉上ー!?」

勝利条件:敵を一人残さず虐殺する

「ところでマクレーン、なぜ水兵に?」
「この先そうでないとフラグが立たない気がして…」
「未来を予知するのはやめてください」
6、温泉っていいな
主に傲慢優柔不断王のせいで苦労する提督。
携帯電話みたいなのがあると良いのにねと愚痴ると、マクレーンに心当たりがあるようだった。
案内を頼んで伝意の鏡探しを始める一行。しかし前方には連邦の砦がそびえ立つ!
しかしその最中に温泉の存在を知ったランディウスはみんなを勧誘し始める。

勝利条件:全員を温泉に誘ってから敵を殲滅する。

「みんな、温泉へ行かないか!」
「兄上、さすがに急いだほうがよいのでは…」
「まぁ、温泉なんて素敵ですわね」
「…行きましょう、兄上!」
(リッキーが突っ込みに限界を感じたようです)
?1、撤退数を獲得せよ
つかの間の休息として、ラリオハ温泉へとやってきた一行。
しかしランディウスの表情は浮かない。
女湯と差がありすぎる小さな温泉で、衝撃の一言が放たれた。
「実は俺、撤退数がほしいんだ」
「何を言っているんですか、兄上!?」
「分からないだろうな…撤退数がつかないというこの屈辱を…」
「ま、まさか大将、最初からそのつもりでっ…!?」
「そろそろ兄上についていける自信がなくなってきましたよ」

勝利条件:ランディウスが撤退数を獲得する

「ランディウス、どうして覗きなんて…」
「俺は…撤退数がほしかったのさ…」
 (間)
「分かりましたランディウスさん! では覚悟はよろしいですわね☆」
「姫ッ! 納得しないで下さいっ!」
戻り口