ラングリッサーファイナルエディションお馬鹿駄文
帰ってきた! カルザス学園物語
第一話 主人公は断じて俺だ。

 そうだ。今更説明する必要なんてあるわけも無い。
 人体改造された凶悪な魔法炸裂娘でも、先祖の血が薄くなるにつれてお馬鹿になった飛兵娘でも、完成されたキャラとか言われている前作主人公でもなく!
「主人公は断じて俺なんだーーーーーーーーーーー!」
 誰の発言かがよく分かる、その台詞。それは学園中に広まったとか何とか。
 そしてそれが、この事件の始まりであった。

「全く、夏場の昼間はやってらんねぇな。しかしマリーの為だ! 俺が頑張らずに誰がやる!」
 誰かさんが叫んでいた同時間帯の某所にて。つるはしをしっかり握り、安全ヘルメットを被った男が、汗水流しながら頑張っていた。生活のため、というよりは、妹の学費のために必死に働く兄貴。マクレーンだった。
 隣でも、恐ろしいほど暑苦しい筋肉ダルマが数名と、薄っぺらい謎生物が必死とやっていた。兄貴共はともかく、この薄っぺらいのが一体何の役に立つのか、それは誰も知らない謎である。むしろクルクル踊っているだけで、何の役にも立っていまい。頑張ろうと思った矢先にそれらを見ると、俺絶対に馬鹿にされているんだろうとかイライラが募り、
「おまえら鬱陶しいんだよ! 失せやがれ!」
 つるはしを装備のまま、マクレーンはいつもの技で薄っぺらい生物3種を殲滅した。
「ワシらの友人に何をするダス! 流石に許せんダス!」
 どうやら兄貴たちの怒りを買ったらしいが、こっちも許せねえよ馬鹿やろー。お前等も潰してやる。殺戮スイッチが入ったらしいマクレーンは、またもつるはしを構え……
 そんな時だった。空から何か、ものすごい音とともに赤い物が降ってきたのは
「……あ?」
 突然の轟音に全員鉄砲玉を喰らったような顔をする。見れば、巨大な隕石が北の方……エルサリア市内一の名門校、カルザス学園の方角へと落ちていく。未だに呆然と見ている兄貴と違い、マクレーンは何が起きたのかを瞬時に察し、構えていたつるはしと頭のヘルメットを放り投げた!
「お前らと殺りあっている場合じゃない! じゃあな!」
 そう言うと、さっ、とテレポートの魔法を使ってばっくれたのであった。
 仕事はいいのか。喧嘩売り逃げしていいのか。むしろ今後の生活費は心配しなくていいのかマクレーン!?

 さて、場所は戻ってカルザス学園、の校庭。先ほど巨大隕石が落ちた先は運が良いのか悪いのか、人の少ない運動場であった。ただ、多少の怪我人は出たようで、数名が保健室へと運ばれた後である。
 そして誰も居なくなった、と思いきや、紫色の髪の少女が居た。服装からして学園の生徒である。ふわりと髪をなびかせて、空の上のドラゴン……いや、ドラゴンに乗った人物に対して一瞥する。
「まさか避けるとは思って無かったわ、クラレット。馬鹿だと思っていた点については謝るわ」
 隕石を降らせたのはこの少女、学園内でその凶悪さを知らない者は居ない。マリアンデール、通称マリーである。成績は優秀なのだが、素行に少々問題がある。いや、少々どころでは無いだろう。
「馬鹿だ馬鹿だって、一体私を何だと思っているのよ!?」
 ドラゴンが急下降してくる。ドラゴンの主、銀髪の少女が剣を構えてマリーを狙う。が、剣を振りかざした丁度その時、マリーの姿が四散する。そして少し離れた場所に、マリーは何事も無かったかのように立っていた。
「先読みできずに突っ込む事しかできない辺りがやはりお馬鹿ね。いくらやっても私には勝てないわ、諦める事ね」
 また馬鹿にされた事に唇を噛むしかできないクラレット。彼女はこのカルザス学園理事長の娘であるが、どうにも頭のほうが足りていないらしく、成績は微妙。いくら中等部ー高等部のあるエスカレーター式のこの学園でも、本当に受験に受かったのかとの疑問が囁かれているのである。
「ひ、人の気にしている事をずけずけとぉ……!? この最低女! 死んじゃえ死んじゃえ!」
「例え口だけでも、私に勝ちたいのね。哀れすぎるわ」
 淡々とした口調がさらに怒りをかき立てる、どうあってもこいつに勝ちたい、そうよ勝たなきゃあの人はーーーー
「……あら、シグマ」
 唐突に「あの人」の名前を聞いたクラレットは、あっさり思考を切り替え、シグマの姿を探し始める。
「ど、どこ!? シグマって」
「甘いわね」
 即座に直撃するブラスト。そうか、罠だったのね、あの台詞は。ああ、あたしってやっぱり馬鹿なのね……。マリーの卑怯な不意打ちがもろに直撃してしまったクラレットは、ドラゴンの上でばったり倒れる。手に持っていた剣は地面に落ち、ドラゴンは主人が倒れた事に慌てふためいた。
「主人のお馬鹿はドラゴンにもうつるものなのかしら……」
 流石にこれで沈黙させられたとは想定外だったようで、マリーは少し呆れたような表情を浮かべた。そして、地に落ちた剣、ラングリッサーを手に取ると呟いた。
「元の持ち主に返しておかないと、ね」
前へ 戻り口 次へ