ラングリッサーファイナルエディションお馬鹿駄文
帰ってきた! カルザス学園物語
第二話 それは俺の事か?

 全く、酷い目にあったものだ。いや、そもそも欲がつい表に出てしまい、おもいきり叫んだ事自体が拙かったわけだが、それほどまでにシグマは『主人公』という立場に固執していた。シリーズの最後を締めるはずの物語での、あの存在の薄さはあり得ない。台詞が全く無い某RPGの勇者ですら、主人公としてやっているじゃないか!? 半端な設定と状況におかれるというのはこういう事なのか。なんて憂鬱なんだ。
 追撃を撒くためにも迂回しならがら走り回り、漸く校門裏にたどり着いたところで、シグマは腰を下ろした。こんな暑い日に誰が好き好んで走り回ったりするものか。熱中症で倒れたらどうしてくれるんだ。こんな所で情けない死に方は嫌だからなと、木陰を陣取り、散々振り回した飲料水を口にする。生ぬるい上に泡が凄いが仕方あるまい。貴重なつかの間の平和は楽しまなければいけない。最優先事項である。
「しかしあいつら、俺が何かするとすぐ集まって来るんだからな……」
 人気がある、という点は嬉しがる所かもしれない。だが、やって来るのが可愛らしいお嬢様たちならともかく、顔は良くても容赦ない凶悪な魔法娘だったり、それに対抗するドラゴンに乗った馬鹿娘だったり。それだけは嫌だし譲れない所だ。更にはラングリッサーを奪われるわ、おまけによく分からん奴まで沸いてくるわ全く迷惑なことこの上な……
「ん? それは俺の事か?」
 ぬっと、男の顔が目の前に出現し、吃驚したシグマは思わず大袈裟なまでに跳ね避けていた。
 話題にしたとたんに本人が沸いていたのだ。さらには思考がいつの間にか口に出てた事を自覚してなかったシグマは、声には出さなかったものの、突然陰口の対象が現れた事に心臓が止まるかと思った。吃驚させるんじゃねえよ馬鹿野郎がっ。
 あの時、次々と湧いて出たマリーとクラレット。そして、3人目にきたのがこの男だったのだ。
 そう、とても学園の生徒とは思えない、えらいゴツイ奴が目の前に居る。
「つ、つーかお前は誰なんだ。今まで見たこと無いんだが」
 とりあえず、正体不明の奴に対して尋問を開始する事に。まずはこの変なのの正体が判らなければどうにもならない。
「何ぃ? おいおいおい、俺の事を忘れたというのかよ、お前は。俺様はな……」
 そこで一旦言葉を切ると、地面を見ながらやや長めのため息を吐く。シグマは次の言葉を、じっと待つ。
 ため息の後の長い時間。実際には一瞬で終わってたのかもしれないが、シグマにはとても長い時間のように思え、少し苛立ちを覚えながらせかそうかと思ったその時、その男は口を開く。
「俺の名はオメガだ。今日から、通学する事になった転校生だ!」
「ンなもん知るか」
 シグマは予備に持っていた強襲型魔光剣で、思わず突っ込みのために遠距離攻撃を仕掛けていた。
「いきなり遠距離攻撃とは、見かけによらず卑怯な奴め」
 咄嗟の攻撃であったが、オメガは難無く攻撃を受け止め、ニヤリと笑う。これはますます学生ぽくない。そもそもこの物語を学園もので書く意味があるのか少々疑問に思えてきたが、気にしない事にするのでよろしく。うん。
「お前絶対、幾つかサバ読んでるだろう!?」
 遠距離攻撃が通じないなら、直接やり合うしかない。そして剣を構えながら叫ぶシグマの台詞は何かが違う。オメガのほうも攻撃に移るべく剣を構えると、予想外の答えを出した!
「ふはははははは! 成績が微妙すぎて進級できないだけだ、そんな事も分からんかー!」
 謎の男の正体は、ただの馬鹿だったようである。
「なら進学校に転入してくるんじゃないっ!!」
 全くその通りである。どうやってここへ転入する事が決まったかもすら怪しい。見たところ筋肉馬鹿な感じもするし、ひょっとしたら運動系で試験をパスできたのか……。いや、進学校であり部活動がそれほど盛んでないからそれはない。とりあえず進路一体どうする気なんだよこいつ。
 関係ない事というか、馬鹿を気にかける必要など無いはずだったが、あまりの馬鹿っぽさに色々突っ込みたい気分がしてならない。ああ何故だろう。何故ここまで俺はこんな馬鹿の事で悩んでいるというのか。今日のさっきまで全く知らなかった奴の事が、何故こんなに気にかかる。次々と襲い掛かるオメガの攻撃をかわしながら、シグマは困惑していた。この複雑な心境は、一体なんだ、と。
 そして、唐突に頭に浮かんだ文字があった。あり得ない文字だった。まさかとは思う、だが、しかし。
「これは、『恋』――――」
「あなたも大馬鹿者ね、シグマ」
 台詞を全て言い終わる前だった。突如横から飛んできた突っ込みも兼ねたブラストに、シグマは吹っ飛ばされた。威力は相変わらず、痛い。そのうち絶対殺されるな。そう勝手に確定する。全く恐ろしい女だ。今すぐ逃げたい。
「それは、『変』という感情よ。落ち着く事ね」
 ふさぁ、と。紫の髪と黒が基準の衣装がなびく。恐る恐る、機械的な動きで先ほどの声のほうを振り返ると……
 そこには、何ともいえない禍々しいオーラを纏う、無表情のマリアンデールの姿があった。
前へ 戻り口 次へ